未分類

人も犬も、健康第一

犬のダイエットは人間のダイエットに通ずる部分もあり、食事の制限から健康的な運動というフローは変わりません。ダイエットにもいい高タンパクで低炭水化物のドッグフードやダイエット専用のフードがあり、おいしくカロリーの摂取を控えることも可能となっていますので、食事の方は食べ物を切り替えることによってダイエットを始めてみるのも良いでしょう。

また運動についてですが、普段から散歩をしていると思いますが、散歩の距離をいきなり何倍にも長くしてしまうと犬の身体にも負担がいっきにかかることになりますので、少しずつ距離を伸ばしていく必要があります。
たまには水泳をさせるのも悪くありません。水泳は全体重が足に乗る散歩と比較して自重がかからないため、四肢に対する負担が少ないのが特徴です。しかし心臓が既に肥大していると心臓にダメージを与えてしまうことにもつながりますので、散歩と水泳を上手にダイエットメニューに取り入れていくことをお勧めします。

筋肉は食事で摂取したエネルギーを消費するための機関でもあり、筋肉が付き始めると次第にダイエットも加速していくことになります。愛犬のためにも運動は欠かせずさせていくようにして、太りにくい身体を目指してダイエットの管理をしてあげてください。

未分類

悪循環は食事で改善

肥満体型は万病のもとであることは言うまでもなく、愛犬の寿命を縮めてしまうことにもつながりますので飼い主が注意してあげなければなりません。
原因となっているのはやはり食べ過ぎと運動不足、この点は人間でも同じことが言えますが、食事の管理については飼い主が面倒を見てあげることは容易ですので、しっかりと管理してあげてください。

ひとつ豆知識として知っておくべきことは、食事によって肉は付くことがあっても骨は大きくならないということです。肉が付き、それに伴って骨格まで変化して成長するのであれば問題はありませんが、骨格の大きさは犬種によってある程度決まっており、それ以上に大きくならないため、肉が付いて体重が重くなってしまうと骨が重みに耐えられなくなってしまいます。

肥満が原因となって運動をする際にじん帯を損傷してしまったり、首周りに脂肪が付き過ぎてしまうことで息がしづらくなってしまったり、四肢の関節を痛めてしまったりなどなど、太り過ぎてしまうと運動機能にも影響を及ぼすことになります。
運動機能に制限がかかってくるとカロリーを消費しにくい状態になってしまい、これが原因となって再び肥満の悪循環が生まれてしまうことになるので、おおもとである食事には細心の注意を払わなければならないのです。

未分類

太った犬の定義は?

人間ならばBMI値を基準にして肥満体形であるかどうかを判断するのと同じように、犬に関しても指標や基準となる値があります。BCS(ボディーコンディションスコア)が犬の肥満度を測る上での基準となり、普段から注意深く愛犬の体型をチェックすることによって現在太った状態なのかどうかを判断することができます。

BCSは5段階に分けられており、痩せ、やや痩せ、理想的、やや肥満、肥満の5つに分類されます。
BCS1の痩せは、肉付きが乏しく外から見るだけでも肋骨や骨盤などが見得る状態を指し、BCS2のやや痩せは触ってみると肋骨があるのが分かる程度の体型で、上から見ると腰辺りのくびれが軽く見られる程度となります。
BCS3は犬にとって理想的な体型を意味しており、BCS4のやや肥満になると脂肪の沈着が少し多く、上から見た時のくびれほとんど無いという特徴を持っています。

最後にBCS5の肥満になると、脂肪が厚く、手で触っても肋骨が分かりにくいくらい、上から見た際のくびれは無く、お腹も垂れているように見える状態がこのステージに該当します。
この他にもBCS以外にも体重を量ることによって肥満度を測ることも可能です。この場合、犬種によってそれぞれ適正な体重が決められていますので、愛犬の犬種の値を参照してみてください。

未分類

ドッグフードと肥満

肥満は不健康、病気の原因になるという考え方は人間のみに通じるものではなく、ペットも同様のことが言えます。
ペットの愛犬が太っている原因は、まずは飼い主にあると自覚することが大切です。というのも人間とペットの大きな違いは、食生活が能動的であるか受動的であるかという点が挙げられるからで、人間の場合には好きな時間に好きなだけ食べることができるためこれが肥満の原因になりますが、ペットの場合には飼い主のタイミングで食事を与えることになるため、つまり愛犬が太っているのも飼い主が食事を多くさせているからと言うことができるのです。

元気良く食べている姿が愛らしいからという理由で、食事を多めに与えていたり、人が食べる食事を与えたりするのは、自慢の愛犬を肥満体質にしてしまう可能性がありますので注意しなければなりません。いくら可愛いからと言っても、飼い主が自覚せずに無意識の内に食べさせ過ぎてしまうと問題となってしまいます。

決してドッグフードをダイエット用のものへと変えるのも愛犬をダイエットさせるのに一役買うかもしれませんが、それだけではダイエットすることは難しく、よく運動をさせてカロリーを消費させるようにする努力も必要となります。
人間のダイエットと同じく、食事制限と適度な運動が犬のダイエットにも通じることになります。絶食させるといった過激な方法は健康を考えるのであれば避けるべきで、これについても人間のダイエットと同様のことが言えます。当サイトでは、ダイエット中の犬の食事について解説します。