未分類

悪循環は食事で改善

肥満体型は万病のもとであることは言うまでもなく、愛犬の寿命を縮めてしまうことにもつながりますので飼い主が注意してあげなければなりません。
原因となっているのはやはり食べ過ぎと運動不足、この点は人間でも同じことが言えますが、食事の管理については飼い主が面倒を見てあげることは容易ですので、しっかりと管理してあげてください。

ひとつ豆知識として知っておくべきことは、食事によって肉は付くことがあっても骨は大きくならないということです。肉が付き、それに伴って骨格まで変化して成長するのであれば問題はありませんが、骨格の大きさは犬種によってある程度決まっており、それ以上に大きくならないため、肉が付いて体重が重くなってしまうと骨が重みに耐えられなくなってしまいます。

肥満が原因となって運動をする際にじん帯を損傷してしまったり、首周りに脂肪が付き過ぎてしまうことで息がしづらくなってしまったり、四肢の関節を痛めてしまったりなどなど、太り過ぎてしまうと運動機能にも影響を及ぼすことになります。
運動機能に制限がかかってくるとカロリーを消費しにくい状態になってしまい、これが原因となって再び肥満の悪循環が生まれてしまうことになるので、おおもとである食事には細心の注意を払わなければならないのです。