未分類

人も犬も、健康第一

犬と一緒に健康犬のダイエットは人間のダイエットに通ずる部分もあり、食事の制限から健康的な運動というフローは変わりません。ダイエットにもいい高タンパクで低炭水化物のドッグフードやダイエット専用のフードがあり、おいしくカロリーの摂取を控えることも可能となっていますので、食事の方は食べ物を切り替えることによってダイエットを始めてみるのも良いでしょう

また運動についてですが、普段から散歩をしていると思いますが、散歩の距離をいきなり何倍にも長くしてしまうと犬の身体にも負担がいっきにかかることになりますので、少しずつ距離を伸ばしていく必要があります。たまには水泳をさせるのも悪くありません。水泳は全体重が足に乗る散歩と比較して自重がかからないため、四肢に対する負担が少ないのが特徴です。しかし心臓が既に肥大していると心臓にダメージを与えてしまうことにもつながりますので、散歩と水泳を上手にダイエットメニューに取り入れていくことをお勧めします。

筋肉は食事で摂取したエネルギーを消費するための機関でもあり、筋肉が付き始めると次第にダイエットも加速していくことになります。愛犬のためにも運動は欠かせずさせていくようにして、太りにくい身体を目指してダイエットの管理をしてあげてください。